AGAの治療体験談|ミノキシジルタブレットとフィナステリドで生え際に毛が生えた

【37歳男性:会社員の出来事】
私はもともとオデコが広く、生え際が結構上まで来ている、俗にいう若ハゲ予備軍と呼ばれるような男でした。

それは10代後半から気づいたことだったのですが、特に24-25歳までの間は仕事のストレスなどもあってか特に前髪や生え際が後退してるような…細くなっているような気がしていました。

ヘアセットをしても広くなったオデコや生え際を隠すのにとても時間がかかるようになってしまっていました。

自分の場合は前髪をしっかりヘアセットすることで広いオデコや後退した生え際を隠していたのですが、風の強い日はその前髪がブワァーっと後ろにもっていかれるため、ハゲ隠しのためのヘアセットが台無しでした。

そうなった日は実は薄毛ということがばれないだろうか?あの人は実は自分のことをハゲと思っているのではないだろうか?などと疑心暗鬼になっていました。

今考えればそんな気にしすぎというのも生え際後退のストレスの一つだったのではないかと思います。

自分がいよいよ薄毛対策をしないといけないなと自覚したのはお風呂に入っているときでした。

ネットの情報で毎日シャンプーをするのは皮脂が取れすぎて髪の成長にあまりよくないとみたので、2.3週間ほど湯シャンというものを試していました。

そして、久し振りにシャンプーを使って洗髪しようと思いやってみたところ、指の間、掌中に髪の毛が大量に絡みつき、洗い流すとおびただしいほどの髪の毛が抜けていきました。

その後も洗面台で髪の毛をタオルで拭いていると白い洗面台に細い髪の毛がパラパラ抜け落ちていくのをみて、もう限界だと悟り育毛を始める決意を固めました。

いろいろをネットで自分なりに調べ上げ、私は発毛剤を飲むことを決心しました。

自分が飲み始めたのは「ミノキシジルタブレット」という発毛を促すものと、「フィナステリド」と呼ばれる男性ホルモンによる髪の毛が抜け落ちる体内の分泌物を抑えてくれるものを飲み始めました。

毎日2粒だけ飲んでいく感じです。

飲み始めてから1ヶ月で起こったことは初期脱毛です。

髪の毛はシャープペンシルと同じようなもので発毛するときに古い髪の毛を押し出して発毛してくるらしく、飲み始める前よりももっと多くの髪の毛が抜け始めました…

しかし、「これは新しく髪の毛が生え始めるまでの通過点なんだ!」と耐えて飲み続けた結果、飲み始めてから6カ月経った頃から、生え際にびっしりとした産毛からの髪の毛が生えてきました。

正直10代後半のときよりも生えてきているような状態です。正直喜びの感情が溢れてきて生えてきていると自覚してきました。

そして、そのまま1年続けたところ、髪は復活しました。今では風が拭いても大丈夫だし、むしろ今では髪をノーセットで外出しても全然平気なくらいの状態になってしまいました。

ただ、デメリットも少々あるので人によっては合わない薄毛対策かもしれないので、最終手段としてとらえたほうがいいかもしれません。

合わない人は強い副作用などもあるようですので、注意が必要です。

結果的には大満足なのですが、僕が感じたデメリットは
・始めてから1カ月ほどで初期脱毛があった
・全身の体毛が少し濃くなった
・始めてから2.3日は少し顔がむくんだ
・少し性欲が減退した
です。

毎日たった2粒の錠剤を飲むだけで髪の毛が生えて自分に自信が持てるというのがめんどくさがり屋の自分には合っていたんだと思います。

また、「ミノキシジルタブレット」や「フィナステリド」と呼ばれる薬はAGAクリニックや、今では外国からジェネリック医薬品として同じ効能で安く仕入れてくれる輸入代理店などもあるので手に入れやすい状況かなと思います。

ただ、個人で購入する場合は、副作用や問題が起きた際に全て自己責任になるので慎重にちゃんとした代理店から購入することが大切です。

個人的には最大手のオオサカ堂が安心だと思います。

薄毛で悩んでいる人でこれまでいくつも育毛剤や毎日の習慣を変えても変化がなかった人は飲む育毛薬をお勧めします。

個人輸入よりは値段は高くなりますが、安全性を求める方はAGAクリニックで医師の指導のもとに処方することも可能です。

髪の毛が抜けて生えなくなった頭皮の毛穴は5年が過ぎると何をしても髪の毛が生えてこない状態になってしまいます。

あなたがもし本気で薄毛に悩まれているなら是非「ミノキシジルタブレット」や「フィナステリド(プロペシア)」に頼ってみてください。


アイランドタワークリックで自毛植毛手術を受けたAGA男性の体験